宅配クリーニングの利用は店とはちょっと勝手が違います。

宅配クリーニングはお店とこんな点が違います。

宅配クリーニング,違い,利用

自宅にいながらにして衣類をクリーニングに出せる宅配クリーニングは便利なのですが、クリーニング店を利用する場合と勝手が違うこともいくつかあります。宅配クリーニングを利用する際は、後でトラブルなどがおきないように、違いについて確認しておくことが大切です。

 

 

急ぎには向いていません。

 

宅配クリーニング,違い,利用

宅配クリーニングは急ぎには向いていません。クリーニング店では「朝出して夕方バッチリ」というところもあって、「早さ」も大事な売りですが、宅配クリーニングの場合は、往復の宅配便の配送時間が必要なので、お店よりも仕上がり(届く)まで時間がかかります。配送は天候や交通事情で遅れる可能性もあります。宅配クリーニングは、時間に余裕をもった利用が最善です。

 

 

主体的な姿勢が大切です。

 

宅配クリーニング,違い,利用

クリーニング店の場合は、衣類を預ける時に状態などを店員さんと一緒に確認(検品)しますが、宅配クリーニングではそれができません。衣類が工場に到着してから検品という流れになります。このため、衣類を送るだけで全て相手に任せてしまうのは、トラブルになる可能性がありますので、送る前には、自分で衣類の状態を把握して、気になるシミや汚れがある場合や注意してほしいことがある場合は、メモを付けたり、事前に問い合わせるなど主体的にその情報を業者に伝えるようにしましょう。

 

 

(参考)宅配クリーニングのトラブル予防、注意点と対策

 

 

取扱い除外品があります。

 

宅配クリーニング,違い,利用

宅配クリーニングでは、お店よりも対応できない「取扱い除外品」が比較的多めです。また宅配クリーニング業者によって違いがあります。確認せずに取扱い除外品を送ってしまうと、後で余計な費用や手間がかかってしまいますので、注意してください。

 

 

例)「リナビス」さんの取扱い除外品

宅配クリーニング,違い,利用

リナビスさんでは次のようなものは受け付けていません。注意してください。

 

 

  • 皮革・毛皮製品(ファーフード、ファー襟は可)
  • 下着類、水着
  • 濡れている衣類
  • 嘔吐物や便など汚物がついたままのもの
  • ペットが使用したもの
  • 宅配クリーニング,違い,利用

  • ドライクリーニング、水洗い不可のもの(衣類に付いている洗濯表示で要確認)
  • 汚れや破れ、傷みがあまりにもひどいもの
  • 着物(浴衣はOK)
  • カーテン

クリーニングができるかどうか、判断が付かないものは、送る前に電話やメールで確認してください。送ってしまうと、返送の送料がかかったり余計な費用や手間がかかります。

 

料金はお店よりも全て安いわけではありません。

 

宅配クリーニング,違い,利用

宅配クリーニングの料金体系には、業者によってお店と同じ1点いくらという方式と、宅配独自の○点でいくらというパック方式があります。

 

前者の場合は送料別、後者は送料込みの場合がほとんどです。単品の場合はお店の方が安いこともあります。パック方式の場合は、衣類の種類や素材には関係ないので、大物衣類を出すとお店よりお得になります。また、保管サービスを提供しているところもあります(有料/無料)ので、値段と利便性などを考えて、うまく使い分けるとよいと思います。

 

 

宅配クリーニング,違い,利用