宅配クリーニングのトラブル予防、注意すること&やっておくこと

トラブル予防、宅配クリーニングに出す時にやっておきたいこと

宅配クリーニング,トラブル,注意,予防,対策

宅配クリーニングはお店と違って預ける衣類の確認を業者に届いてから行います。このために行き違いやトラブルが起きる可能性があります。これを防ぐために、発送する前に、利用する側が注意や対策が大切になってきます。少しの手間でだけで、宅配クリーニングの利用がとてもスムーズなります。

 

ここでは、送る前に注意しておきたい点や、やっておきたい対策をまとめました。

 

 

預ける衣類の状態、数を確認しておきましょう。

 

宅配クリーニング,トラブル,注意,予防,対策

宅配クリーニングに預ける衣類の状態(汚れ、シミ、ほつれ、ボタンの有無など)と点数を把握しておきましょう。気付かないうちに別のモノが紛れ込んでいたり、入れ忘れがあったりする場合があります。できれば預ける前の写真を撮っておくと良いと思います。また、業者の取扱い除外品を送らないように確認しておきましょう。

 

 

シミや汚れを指示しましょう。

 

宅配クリーニング,トラブル,注意,予防,対策

気になるシミや汚れがある場合、その位置と原因の情報はクリーニングする側にとっては貴重なものになります。衣類を送る際に、状況や希望をしっかり書いたものを同梱した方がいいです(業者によっては指示用紙や札があります)。ただ、シミや汚れが化粧液、香水、整髪料、染髪剤など原因によっては、クリーニングでも落とせない場合があるので、 洗い落せるかどうか心配な時は、事前に問い合わせすることをおすすめします。

 

壊れやすい飾りやボタンは取り外しておきましょう。

 

宅配クリーニング,トラブル,注意,予防,対策

取れやすかったり、壊れやすい飾りやボタン、ベルトなどが付いた衣類を預ける場合は、面倒でも取り外してから出すようにした方が無難です。紛失や破損リスクを取り除いておくことも、大切な衣類を守ることになります。

 

 

 

ポケットの中身を確認しておきましょう。

 

宅配クリーニング,トラブル,注意,予防,対策

家で洗濯するのと同じように、ポケットに何も入っていないことを確認してください。

 

 

 

上下セットの衣類は一緒に出しましょう。

 

宅配クリーニング,トラブル,注意,予防,対策

宅配クリーニングに限りませんが、クリーニングをすると僅かでも生地の色が変化します。このため、スーツのように上下でセットとなっている衣類は色合いや風合いの統一感を保つため、なるべく一緒にクリーニングに出すことをおすすめします。

 

クリーニングから戻ってきたら

宅配クリーニング,トラブル,注意,予防,対策

仕上がった衣類はお店と同じようにビニール袋で包まれ、箱に入れて送られてきます。届いたらすぐに衣類を箱から出して、依頼したものが全て戻ってきているかどうか、点数を確認してください。

 

そして、ビニール袋を全て取り外し検品して、それぞれの仕上がり具合などを確認しましょう。もし不都合などあれば、すぐに業者に連絡を。業者によっては到着後5日以内と規定されている場合もあります。宅配だけに「すぐに」というのが大切です。忙しくても後回しはいけません。

 

 

 

ビニール袋は保管用じゃない!?

宅配クリーニング,トラブル,注意,予防,対策

クリーニングされた衣類をビニール袋に入ったまま保管していませんか。ホコリ避けに良いように思いますが、このビニール袋は運搬や配送する際の汚れを防ぐためのもので、保管用ではありません。通気性がないので、そのままにしておくと内側の温度や湿度が上がって、カビや雑菌、ダニが発生したり、変色したりする可能性があります。このため、衣類を包んでいるビニールはすぐに取り外すようにしてください。その後3〜4時間陰干ししてからタンスなどに仕舞うようするのが良いそうです。

 

 

宅配クリーニング,トラブル,注意,予防,対策