クリーニングに出した衣類のカビ対策方法!保管はここに注意!

衣類の保管に注意したい厄介な「カビ」

クリーニング,カビ,保管,対策,方法

大事な服やお気に入りの服を、せっかくクリーニングに出してきれいにしても、
保管状況が悪いと、いろいろなトラブルで着られなくなることがあります。

 

なかでも、厄介なのが「カビ」です。

 

衣替えをして、久しぶりに取り出してみたら、
カビが生えていてショック・・・。
こんな経験がある人は多いと思います。

 

カビは微生物の一種です。カビの胞子は空気中に存在して
「酸素」「温度」「湿度」「栄養」の4つの条件が揃えば、
どこでも発生、繁殖します。

 

 

カビが生える4条件

(1)酸素:カビは微生物なので酸素がないと生きていけません。
(2)温度:カビは5〜45度で発生しますが、最も活動が活発になるのは20〜30度です。
(3)湿度:カビは一般に湿度80%以上で、よく発育します。60%以下に保つとカビの発生を抑えられます。
      ただ、実際はカビが生える生地などに含まれる水分の量が問題になります。
(4)栄養:カビは食品や繊維、木材、ホコリ、皮脂、汗、垢、フケ、ダニなど何でも栄養源にします。

 

クリーニング,カビ,保管,対策,方法

この4つの条件が揃いやすい場所の1つが、タンスやクローゼット、押し入れです。

 

今は建物の気密性が高くなっているので、梅雨時や夏の湿度が高い時期だけなく、
1年を通してカビに注意が必要です。

衣類をカビから守る対策

大事な衣類をカビから守るには、4つの条件が揃わないようにすることです。
1つでも条件が欠けると、カビは生えません。

 

空気の入れ替えをしましょう。

 

クリーニング,カビ,保管,対策,方法

湿度、温度、栄養の対策の基本は換気です。

タンスやクローゼット、押し入れのなかは風が通らないので、
湿気や熱がこもり、ホコリも溜まりやすい場所です。

 

週に1回でも、晴れた日に扉を開放して空気を入れ替えることが大切です。

 

湿度が高い時は、部屋を除湿器やエアコンで除湿する際に
タンスやクローゼットの扉を開けておくと効率的です。
密閉したところだと除湿剤の使用も有効です。

 

また、時間があるときは、衣類を陰干しして、
湿気を抜くようにするのもいいです。

 

服と服の間隔をあけてましょう。

 

クリーニング,カビ,保管,対策,方法

タンスやクローゼットに、衣類をギュウギュウに詰め込むと、空気の通りが余計に悪くなって、

カビが生えやすくなります。

 

できるだけ、服と服が触れない程度に間隔をあけて吊すようにすると、
カビ発生のリスクが下がります。

 

 

 

 

 

 

脱いだ衣類はすぐにしまわない。

 

クリーニング,カビ,保管,対策,方法

1回でも着た衣服は、皮脂や汗、汚れが付いて、湿気を含んでいます。

脱いですぐにタンスやクローゼットにしまわないで、
部屋の中で、半日程度乾燥させてからにしてください。

 

また、汚れがあるものは、カビの栄養分になるので、
洗濯やクリーニングで落としてからにしたほうがいいです。

 

衣替えの際は、1度しか着なかったものでも、しまう前には、
必ず洗濯やクリーニングをしましょう。

 

 

 

クリーニング済のビニール袋は外してから。

 

クリーニング,カビ,保管,対策,方法

クリーニングに出した衣類はビニールの袋で覆われて返ってきますが、

タンスやクローゼットにしまうときは、必ず袋を外すようにしてください。

 

袋を外さないまま長期間しまっておくと、通気性が悪くなり、湿度が上がって
カビが生えやすくなります。

 

クリーニングに出した意味がなくなってしまいます。

 

 

カビは予防と早期発見が大事!

クリーニング,カビ,保管,対策,方法

カビはいくら気を付けて予防を心がけていても、

多湿な日本にいる限り、生えてしまうことがあります。

 

もし、衣類にカビが生えてしまったら、それが早い段階なら、
クリーニング店で化学的な「カビ抜き」を施してもらうことで、
落とせる可能性が高いです。

 

ただ、カビが目に見えている状態では、
すでに生地のなかに根をはってしまっています。

 

もし家で洗ってカビが消えても、根っこは残っていることが多く、
またすぐにカビが生えてきます。

 

カビは簡単に洗い落とせないので、
とくに大事な衣類の場合は、
プロにカビを根こそぎ取り除いてもらった方が確実です。

 

しかし、カビの発見が遅れて、繁殖が進行していると、
プロでも手に負えないことがあります。

 

このようにカビは本当に厄介ですので、
衣類の保管にあたっては、その予防と早期発見
普段から意識して実行することが大切です。

カビ対策にはこんな方法も便利!

クリーニング,カビ,保管,対策,方法

カビのことで煩わされたくないという人は、保管サービス付きの宅配クリーニングを利用する方法が便利ですよ。

 

宅配クリーニングは、自宅にいながら宅配便を利用して洗濯物をやりとりするクリーニングです。衣類を持って、お店に出向く必要がないので、外出しにくいお年寄りや子育て世代の方を中心に人気のサービスです。

 

カビ抜き」も依頼できて、除湿やカビ予防がしっかりされた環境で、最長6か月間無料で保管してくれます。カビの心配はありません。

 

クリーニング,カビ,保管,対策,方法