最低限知っておきたい新しい洗濯表示。クリーニングに出すべきなのは?

知らないと損する!新しい洗濯表示の基礎知識

洗濯表示,新しい,記号,クリーニング

衣類を洗濯するときやクリーニングに出す時に、服などに取り付けてある洗濯表示(ケアラベル)を確認することがあるかと思いますが、その表示が、平成28(2016)年12月1日から製造・販売される衣類から、国際規格に基づいた新しいものに変わります

 

これまでの表示とはガラリと変わって、記号が22種類から41種類に増えますが、より細かくお手入れの方法が分かるようになります。

 

一見すると取っつきにくいですが、法則をつかむとそれほど難しくありません。生活に密着したものですので、少しずつ慣れていきたいと思います。

 

 

基本記号と付加記号で表示されます。

 

新しい洗濯表示は、文字を使わずに記号と数字だけ表されます。基本は5つの記号で、それに必要に応じて付加記号や数字が加わります。

基本記号

洗濯表示,新しい,記号,クリーニング

付加記号と数字

記号と数字で洗濯の強さ(力加減)、温度、禁止を表します。

洗濯表示,新しい,記号,クリーニング

 

記号だけで表せきれない場合は、簡単な文言を書き添えることがあります。

 

洗濯表示,新しい,記号,クリーニング

 

表示の記号は洗濯、漂白、乾燥、アイロンの上限を表していますので、それ以下で行うようにします。

 

洗濯表示,新しい,記号,クリーニング

 

記号がないものは、その記号が意味するどんな処理も出来ます。

 

例えば、洗濯表示に下のような自然乾燥の記号がなければ、その場合は吊り干しでも平干し、濡れ干し、陰干しなど、どんな干し方をしても良いということになります。

洗濯表示,新しい,記号,クリーニング

 

お家で洗濯できない、クリーニングに依頼したほうが良いという表示は覚えておきましょう。

 

洗濯表示,新しい,記号,クリーニング

お家で洗濯できない衣類には、右のような記号が表示されています。あわせて、ドライクリーニングやウエットクリーニングができるという記号が付いていると、クリーニング店で対応できます。

 

※「ウエットクリーニング」は、これまでなかった表示です。クリーニング店で専用の設備や特殊な技術で洗って仕上げる処理のことです。

 

洗濯表示,新しい,記号,クリーニング

 

この記号は、洗濯機の「ドライコース」や「おうちでクリーニングコース」といった機能で洗えるというものではありませんので、注意してください。クリーニング店に依頼してください。

クリーニングに出そうと思っていても、なかなかお店に行けなったり、面倒でついつい後回しにしまう人には、いつでも自宅から利用できる「宅配クリーニング」が便利です。

 

⇒宅配クリーニングはこんなサービスです。実際に使ってみました!

 

 

洗濯表示,新しい,記号,クリーニング

洗濯表示は毎日の洗濯やお手入れにはもちろん、洋服を購入するときにも参考になるものなので、知っておいて損はありません。さらに新しい洗濯表示の詳しい内容は、消費者庁のホームページで確認できます。